ページ内を移動するためのリンクです。

HOME > ブランディング > まちづくり

まちづくり

富山市夜景

環状線沿線夜間景観ライトアップ事業

開催期間

平成25年10月12日(土)・13日(日) 日没~22:00頃

TRAM de MUSEUM
委託主 環状線沿線夜間景観ライトアップ実行委員会
概要 セントラム沿線の民間企業ビルや富山城、CiC前広場などを会場として、ライトアップイベントが開催

第1回となる本イベントでは、実行委員会の立ち上げ段階からかかわり、照明プランナーの推薦、アーティストの招聘、地元連携団体との調整も事務局と一丸となり進めました。

コンセプトは「まちなか夜の特等席」。セントラムから眺める沿線をテーマに富山城、大手モール、CiC前広場を中心に様々な光の演出を行い、参加型イベントの参加総数は、約2,100人、イベントに合わせて発売した特別乗車券は1,159枚を売り上げました。

事業の目的は、富山市の公共交通のシンボルである環状線(セントラム)沿線において、市民、民間企業等が主体となり、ライトアップによる夜間景観の演出によって、中心市街地の賑わいの創出。
民間企業の主体的なかかわりを一番のポイントとし、きらびやかなイルミネーションや楽しい体験型イベントだけではなく、沿線の建物の常設照明のリニューアルなど、地道な折衝も並行して進めました。

富山市夜景
富山市夜景
富山市夜景
くらしたい国,富山

富山県定住コンシェルジュ設置事業

委託主 富山県地域振興課
概要 富山暮らしの魅力の情報収集・発信、住まいや仕事の相談対応、地元住民との交流のコーディネートなど定住希望者に対してトータルサポートを行うもの。

定住促進を図るために、県内外で開催される定住関連イベントへの参加をはじめ、ブログやフェイスブックを活用して、ふとした日常の一コマを切り取り発信するなど、暮らしやすさのPRを行いました。 また、定住希望者には相談内容に応じた資料の発送や、下見の際の訪問先との調整など、きめ細かく対応しました。コンシェルジュ業務がきっかけとなり、25年度だけで6組以上が富山に定住を決めるなど、着実に成果をあげています。

エコタウン学園

富山市エコタウン交流推進センター市民環境活動育成業務

委託主 富山市環境政策課
概要 富山市エコタウン交流推進センターの利用促進を図るとともに、身近なところからエコな暮らしを実践してもらうため、そのヒントとなる講座を開催するもの。

「エコタウン学園」
楽しみながら実践できる「エコライフ」をテーマに、年6回、エコタウン学園を開催しています。人気の講座は、布を活用したリサイクルクラフト講座。恒例となった夏の「染講座」や、冬の「保温調理器づくり」など、思い出の布に新たな役割をプラスして、最後まで使い切ることを提案しています。学園での活動をきっかけにクラブ活動も立ち上がるなど、様々な広がりを見せています。