HOME > 会長挨拶

会長挨拶

  • 第36回日本循環制御医学会総会
  • 会長 木下 浩之
  • 愛知医科大学医学部麻酔科学講座 教授
学会 会長

 皆様におかれましては、ますますご健勝、ご活躍のこととお慶び申し上げます。この度、第36回日本循環制御医学会総会を主催させていただきますことを大変光栄に存じます。今回は、2015年6月5日(金)、6日(土)の2日間にわたり名古屋市の『ウインクあいち』で開催する運びとなりました。
 日本循環制御医学会は、循環器内科医、心臓血管外科医、生理学者、薬理学者、麻酔科医らが参集し、専門分野にとらわれず基礎および臨床両面での循環器制御に関する学術研究を発表・討論しあう場として特徴があります。そのような特徴をますます生かし、広い分野に股がった循環器領域研究の橋渡しを行うことが、今後の本学会の重要なタスクの一つであると考えます。そこで今回は、大会テーマを「循環制御の新たな潮流を模索する」といたしました。周術期管理をキーワードにし、これまでの周術期管理の方法論に加え、近年追加された循環器デバイス、概念等をおさらいし、新たな研究テーマを学会員の皆様と考えたいと思っております。招請講演では、心拍変動と周術期循環管理に関する演題を、シンポジウムでは、心臓デバイスと周術期管理、炎症性疾患と周術期循環管理、酸化ストレスと循環管理の3テーマを計画しております。是非ともホットな議論をお願い申し上げます。循環器領域医学部門の第一線で活躍される方々の参加を得て本学会は発展し続けております。皆様が、今一度、医療の根本に立ち返るとともに活発な議論を行っていただくことで、明日の循環管理が向上する一助になることを期待いたしております。
 全国的には、名古屋エリアでの、いわゆる名古屋メシと呼ばれるメニューが有名ですが、本大会では、少々工夫を凝らし、初夏の名古屋エリアの食材を用いた料理を御堪能いただきたいと考えております。ご参加の皆様方が満足いただけるよう、教室員一同心を込めて大会運営に打ち込む所存でございます。本大会が皆様方にとって実りあるものとなるよう祈念いたしております。

お問い合わせ

事務局

愛知医科大学医学部麻酔科学講座内

〒480-1195
愛知県長久手市岩作雁又1番地1

運営事務局

株式会社PCO内

〒939-8063 富山市小杉120

TEL:076-429-5708
FAX:076-428-9156
E-mail:jsccm2015@pcojapan.jp

Page Top