ページ内を移動するためのリンクです。

HOME > 実績一覧 > 第1回富山・バーゼル医薬品研究開発シンポジウム

実績一覧

第1回富山・バーゼル医薬品研究開発シンポジウム(2010年)

開催日程 2010年10月12日(火)~14日(木)
開催場所 富山国際会議場 メインホール
参加者 海外からの参加を含む○名
主催者 第1回富山・バーゼル医薬品研究開発シンポジウム実行委員会
(富山県、社団法人富山県薬業連合会、富山県医薬品工業協会、富山大学
ほくりく健康創造クラスター)

受託項目

国内・海外講師折衝、要旨翻訳、アブストラクト製作、会議運営準備
日・英ポスター制作、HP製作、サイン製作、機材手配、当日運営スタッフ、レセプション通訳者派遣

「製薬技術とバイオサイエンスの現在と未来」をテーマに、行政、民間製薬会社、研究機関から医薬品研究開発に携わる方を招いたシンポジウムが富山国際会議場にて開かれました。富山県は、平成21年10月にバーゼル・シュタット州およびバーゼル・ラントシャフト州と医薬品分野の交流協力に関する宣言及び協定を締結しており、当シンポジウムは富山とバーゼルの「くすり」を通じた持続的な交流を作る第一歩として開催されました。今回、スイスバーゼルから7名の座長・講師をお招きするなど、内容の濃いシンポジウムとなりました。

当社は主に、翻訳を含むポスター、アブストラクトなどの制作、国内・海外講師との連絡折衝、当日運営(一部通訳含む)に携わり、スムーズにシンポジウムが運営されるようお手伝いしました。一貫した業務受託により、当日の海外講師のアテンドも含めて効率的に進めることができたため、両都市の製薬開発研究について、時間いっぱいに活発な議論が繰り広げられました。シンポジウムが成功に終わり、主催者や講師からも喜びの声が多く聞こえてきております。

お客様の声

国内講演者からの声

 この度は、要旨集作成から当日の運営まで、大変お世話になりました。
 第1回富山・バーゼル医薬品研究開発シンポジウムが成功裡に終わったのも御社のご活躍あってのことと思います。的確な指示と凛としたお姿での対応が印象的でした。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

海外講師からの声

Many thanks for your effort. I really appreciated your great support and the excellent organisation of the symposium. I enjoyed the symposium as well as my stay in Japan very much. I wish you all the best and would be very pleased to meet you again either in Japan or in Switzerland.