おかげをもちまして、約570名の方にご参加をいただき、盛会裡に終了することができました。
ご参加ならびにご協力をいただきました関係者の皆様に厚く御礼を申し上げます。

第32回和漢医薬学会学術大会 大会長 白木 公康
(富山大学大学院医学薬学研究部ウイルス学 教授)

優秀発表賞受賞者

  • 骨髄由来免疫抑制細胞に対する十全大補湯および補中益気湯の作用
    今野 真理子(東京理科大学薬学部 応用薬理学研究室)
  • 大黄甘草湯の瀉下作用における甘草の配合理由の解析
    今 理紗子(星薬科大学 薬動学教室)
  • 香蘇散煎剤による抗うつ様活性に関連する脳内タンパク質の探索
    山中 紀央子(北里大学大学院 感染制御科学府)
  • Diosgeninによるアルツハイマー病の記憶回復に関わるシグナル分子の探索
    楊 熙蒙(富山大学和漢医薬学総合研究所 病態制御部門 神経機能学分野)
  • 漢方生薬「麻黄」の国産化研究
    安藤 広和(金沢大学大学院 医薬保健研究域薬学系)

テーマ「和漢薬の作用機序・臨床効果」

会期 2015年 8月22日(土)・8月23日(日)
会場 富山国際会議場
大会長 白木 公康(富山大学大学院医学薬学研究部ウイルス学 教授)
主催 和漢医薬学会

新着情報

Page Top