第91回日本衛生学会学術総会(富山)

シンポジウム

シンポジウム1[市民公開講座Ⅰ]

  • 日用品に由来する化学物質のばく露と体内動態 〜身の回りの化学物質の影響を知るために〜
  • 時間:3 月6 日(土)14:00 ~ 16:00 第1会場
  • 座長:磯部 友彦(国立研究開発法人国立環境研究所)
演題名所属演者名
今そこにある危機:化学物質が未来の子どもたちにおよぼす影響国立研究開発法人国立環境研究所中山 祥嗣
日常的に使用する殺虫剤や忌避剤のばく露を把握する名古屋大学上山  純
化学物質のばく露を体内動態から考える国立研究開発法人国立環境研究所岩井 美幸
化学物質のばく露と体内濃度の関係を探る国立研究開発法人国立環境研究所磯部 友彦

シンポジウム2 [市民公開講座Ⅱ]

  • エコチル調査- 10 年のあゆみ-
  • 時間:3 月6 日(土)16:20 ~ 17:50 第1会場
  • 座長:山崎  新(国立研究開発法人国立環境研究所)/稲寺 秀邦(富山大学)
演題名所属演者名
エコチル調査10 年のあゆみ ~研究成果を中心に~
国立研究開発法人国立環境研究所
山崎  新
富山ユニットセンターにおける
エコチル調査のフォローアップ戦略
エコチル調査富山ユニットセンター
山崎(長井)輝美
富山からの精神・心理学領域等の成果
エコチル調査富山ユニットセンター
松村 健太
富山からの栄養学領域等の成果
富山大学
浜崎  景

シンポジウム3

  • エビデンスに基づく栄養と健康
  • 時間:3 月7 日(日) 9:00 ~ 11:00 第1 会場
  • 座長:竹内 弘幸(富山短期大学)/浜崎  景(富山大学)
演題名所属演者名
妊娠・出産期の栄養
富山大学
浜崎  景
子どもの栄養:社会経済状態による格差
新潟県立大学
村山 伸子
日本人の小児期~青年・成人期の栄養
東邦大学
朝倉 敬子
中高年期における栄養と健康
富山短期大学
竹内 弘幸

シンポジウム4

  • アフターコロナの健康管理・健康維持における森林医学の活用
  • 時間:3 月7 日(日) 9:00 ~ 11:00 第2 会場
  • 座長:李   卿(三郷ケアセンター)
演題名所属演者名
アフターコロナの健康管理における
森林浴による免疫機能増強効果の活用
三郷ケアセンター
李   卿
アフターコロナの健康管理における
森林浴による生理的リラックス効果の活用
独立行政法人国立病院機構東京医療センター形成外科 
落合 博子
アフターコロナの健康管理における
森林浴による心理的リラックス効果の活用
国立研究開発法人森林研究整備機構森林総合研究所
高山 範理
世界におけるアフターコロナの
森林医学研究の動向と展望
三郷ケアセンター
李   卿

シンポジウム5

  • ゲノム医療・先制医療の時代における衛生学の役割
  • 時間:3 月8 日(月) 10:30 ~ 12:30 第1 会場
  • 座長:牟礼 佳苗(和歌山県立医科大学)/武藤 倫弘(京都府立医科大学)
演題名所属演者名
遺伝子型が決定する生活習慣と発がん抑制作用薬の効果
和歌山県立医科大学
牟礼 佳苗
がん予防研究におけるハイリスク・ポピュレーションストラテジー
京都府立医科大学
武藤 倫弘
ゲノムから見たアジア人の胃がん東京大学
石川 俊平
「先制医療」の実現に向けた戦略的研究
京都府立医科大学
堀中 真野・酒井 敏行

シンポジウム6[市民公開講座Ⅲ]

  • イタイイタイ病の歴史と展望
  • 時間:3 月8 日(月) 13:20 ~ 15:20 第2 会場
  • 座長:青島 恵子(医療法人社団継和会 萩野病院)/堀口 兵剛(北里大学)
演題名所属演者名
イタイイタイ病の歴史と現状~カドミウム環境汚染による健康被害~
医療法人社団継和会 萩野病院
青島 恵子
吉岡金市の思想と実践——トラクター・ルイセンコ・イタイイタイ病
京都大学
藤原 辰史
イタイイタイ病と戦争―神岡鉱山はなぜ甚大な被害をもたらしたのか
イタイイタイ病を語り継ぐ会
向井 嘉之
イタイイタイ病の展望~今後の予測と対策
北里大学医学部衛生学
堀口 兵剛

メインシンポジウム

  • “連携”をキーワードにした衛生学研究の展開
  • 時間:3 月7 日(日) 16:00 ~ 18:00 第1 会場
  • 座長:塚原 照臣(信州大学)/東  賢一(近畿大学)
演題名所属演者名
日本衛生学会のこれまでとこれからの展開富山大学稲寺 秀邦
栄養学・ビタミン学研究における連携
鹿児島大学
堀内 正久
若手研究者の会の活動
国立研究開発法人国立環境研究所
鈴木 武博
快適・安全な画像視聴に関する研究会の活動報告
福井大学
高田 宗樹
森林医学研究会の歩み、活動及び今後の動向三郷ケアセンター李   卿

編集委員会シンポジウム

  • Perspective on Academic Journals of Social Medicine
  • 時間:3 月8 日(月) 10:30 ~ 12:30 第2 会場
  • 座長:崔  正国(福井大学)/稲寺 秀邦(富山大学)
演題名所属演者名
Nature and Health
University of Fukui
崔  正国
PM 2.5 induced bronchial epithelial cell injury via
AMPK mediated autophagy
Shandong Provincial Hospital
Affiliated to
Shandong First Medical University
Yi Liu
Protection of mogrosides against
experimental lung injury and its
underlying molecular mechanism
China Pharmaceutical University
Zhang
Chao-Feng
"Pharmacological and metagenomics evidence of
polysaccharide from Polygonum multiflorum
in the alleviation of insulin resistance"
Yunnan University of Chinese Medicine
Jie Yu
Application of Aromatherapy of Chinese Medicine in
Pediatric Upper Respiratory Infections
Yunnan University of Chinese Medicine
Lei Xiong

若手自由集会 企画シンポジウム

  • 緊急事態5.0、-衛生学の観点から-
  • 時間:3 月6 日(土)13:30 ~ 15:30 第3 会場
  • 座長:辻  真弓(産業医科大学)/鈴木 武博(国立環境研究所)
演題名所属演者名
エアロゾルの有害性評価研究と
教育文化芸術活動再開に資する粒子計測
慶應義塾大学
奥田 知明
コロナ感染拡大防止策を検討した
エコチル調査の対面調査の再構築
高知大学
南 まりな
出生コホート調査と自然災害
東北大学龍田  希
血中cfDNA を用いた迅速・簡便な
臓器毒性評価スクリーニング法の開発
弘前大学
宮崎  航
災害・事故等に起因する化学物質の
非定常的曝露による健康影響評価の必要性
国立研究開発法人国立環境研究所
柳澤 利枝