座長・演者へのご案内

1.企画プログラム
(ポスターシンポジウムを除く、特別講演、受賞講演、教育講演、シンポジウム、ワークショップ、報告会、市民公開講座)

  1. 講演者の方へ
    • ご講演の1時間前までに、ご自身が発表する会場の「PCセンター(演者受付)」(各会場2階ホワイエ)で行います。ご講演の1時間前までに受付を行い、データを確認してください。但し、8時50分からご講演の方は、8時20分までに受付を済ませてください。
    • 発表データは下記「3.講演および発表データについて」をご確認の上、準備をお願いいたします。プログラムの開始および終了時間をお守りください。
  2. 座長の方へ
    • ご担当のセッションの30分前までに、ご担当いただく会場の「座長受付」にて受付を行ってください。
      プログラムの開始および終了時間の管理、運営にご協力をお願いします。

2.一般演題(口頭発表)

  1. 発表者の方へ (a)発表データについて
    • ご講演の1時間前までに、ご自身が発表する会場の「PCセンター(演者受付)」(各会場2階ホワイエ)で行います。ご発表の1時間前までに受付を行い、データを確認してください。但し、8時50分から発表の方は、8時20分までに受付を済ませてください。
    • PCセンター受付時間:9月5日(木)10:00~17:00(富山県民会館のみ)
                 9月6日(金)8:00~17:00
                 9月7日(土)8:00~16:00
    • 発表データは、2日目以降の発表の場合でも初日より受付可能です。電子メールによる学術総会事務局への事前データ提出は固くお断りいたします。
    • 発表データは下記「3.講演および発表データについて」をご確認の上、ご準備をお願いいたします。
    (b)その他
    • ご自身の講演の前の演題時に「次演者席」に着席してください。
    • 演題の講演時間は、発表8分間、討論4分間、計12分間です。座長の指示に従ってください。
    • 発表時のスライド操作は発表者でお願いいたします。
  2. 座長の方へ
    • ご担当のセッションの30分前までに「座長受付」にて受付を行ってください。プログラムの開始および終了時間の管理、運営にご協力をお願いします。

3.講演および発表データについて

  • OSはWindowsを使用し、発表ソフトはPowerPoint Office2010~2016に限らせていただきます。
  • フォントは標準フォントを使用してください。
  • タイマーやアニメーション等は、エラーの原因となりますので、使用はお控えください。
  • 発表者ツールの使用はできません。
  • 動画ファイルは、Windows Media Player 11以降の初期状態に含まれるコーデックで再生できる動画ファイルをお持ちください。WMVまたはMP4形式を推奨いたします。
  • レーザーポインターは各会場に用意してあります。
  • 発表データは学会当日USBメモリー、またはCD-Rにてご持参ください。(※CD-RW不可)
  • 会場でご用意するパソコンのOSはWindows10、アプリケーションはMicrosoft PowerPointのみとなります。
  • 最新のウイルスチェックソフトにて、USBメモリーのウィルスチェックを行ってから持参してください。
  • 全てのデータは、学術総会終了後に運営事務局にて、責任を持って完全消去いたします。

<Macintosh使用の方へ>

  • 原則としてPC本体を持参してください。
  • 事前に外部ディスプレイでの映写確認をお願いします。
  • モニタ出力端子はMiniD-Sub15pin(5個のピン穴が3段になっているもの)を用意いたします。その他のコネクタを必要とする場合は必ずご持参ください。
  • コンセント用電源アダプターもご持参ください。

(注)USBメモリーにコピーした発表データは、事前に職場や研究室で正しく映写できるか確認してください。
発表者の責任による発表データの不具合などにつきましては、第66回日本栄養改善学会学術総会実行委員会では一切責任を負いません。

4.一般演題(示説発表)

  1. 発表者の方へ 以下のスケジュールで示説発表を行います。発表はフリーディスカッション形式ですので、討論時間にポスターの前にお越しいただき、討論を行っていただきます。
    進行係はおりませんので、ご自身で時刻を確認して討論を開始・終了して下さい。
    • 示説会場:富山県民会館地下展示室
    • 示説発表スケジュール
      ポスター貼付時間:9月6日(金)8:30~9:30
               9月7日(土)8:30~9:30
      ポスター討論時間:9月6日(金)前半13:00~13:35
                     後半13:35~14:10
               9月7日(土)前半13:00~13:35
                     後半13:35~14:10
      ポスター撤去時間:9月6日(金)17:00~18:00
               9月7日(土)16:00~17:00
    • 示説発表会場には、演題ごとに掲示スペースを用意します。
    • 掲示スペースは、縦190㎝、横90㎝です。(A3横で8枚程度、A3縦で9枚程度)。
    • 掲示スペースのうち、演題名(発表者名・所属を含む)を表示するスペースは、縦20㎝×横70㎝です。発表者はこのスペースに収まるサイズの演題名をご用意ください。演題番号は事務局にて用意します。
    • ポスター撤去時間を過ぎても引き取りのないポスターにつきましては、第66回栄養改善学会学術総会実行委員会にて処分いたします。
    • 発表者用リボンと画鋲はパネルに取り付けておりますので、ご利用ください。

5.第66回日本栄養改善学会学術総会におけるCOI(利益相反)の開示について

発表者(連名者含む)は、配偶者、一親等の親族、または収入・財産を共有する者を含めて、演題発表に際して、栄養学研究に関連する企業・法人組織、営利を目的とした団体との経済的な関係について、過去1年間におけるCOI状態の有無を、当日発表時に自己申告してください。
口頭発表(教育講演やシンポジウム等も含む)の場合は発表スライドの最初または演題・発表者などを紹介するスライドの次に利益相反自己申告書に関するスライドを加えてください。
また、示説発表の場合はポスターの最後に利益相反自己申告に関する情報を開示してください。
適切にCOIが開示されていない場合、当日、該当スライドやポスターの修正をお願いすることがあります。

【スライド開示例】

(開示すべきCOIがない場合)
(開示すべきCOI がない場合)
(開示すべきCOIがある場合)
(開示すべきCOI がある場合)

【ポスター開示例】

ポスターの適当な場所(たとえば、結論や謝辞の後)に「演題発表に関連し、開示すべきCOI関係にある企業等はありません。」もしくは、「演題発表に関連し、開示すべきCOI関係にある企業等は次の通りです。顧問:A社、講演料:B社、受託研究・共同研究費:C社、奨学寄附金:D社」とCOI申告に該当する項目をすべて、項目と企業・団体名を記載する。
詳細は、日本栄養改善学会ホームページ(http://jsnd.jp/riekisouhan.html)「利益相反(COI)」をご覧ください。

学術総会発表「発明の新規性喪失の例外規定の適用」を受ける手続き

-特許法第30条改正に伴う手続き変更のお知らせ-
平成30年改正の「発明の新規性喪失の例外規定の適用」を受けるための手続きにつきましては、特許庁ホームページをご覧ください。
平成30年改正法対応・発明の新規性喪失の例外規定の適用を受けるための出願人の手引き
https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline/patent/document/hatumei_reigai/h30_tebiki.pdf

お問い合わせ先

【事務局:富山短期大学 食物栄養学科内】

〒930-0193 富山県富山市願海寺水口444

【運営事務局:株式会社PCO】

〒939-8063 富山県富山市小杉120
TEL:076-461-7028 FAX:076-428-9156
E-mail:kaizen66@pcojapan.jp

PAGE TOP